空路移動の首都プノンペン&アンコール遺跡群を巡る浪漫紀行5日間

ツアーポイント

1.プノンペン市内観光 【トゥールスレン虐殺博物館(S21)、キリングフィールド(チェンエク)、王宮、銀寺、国立博物館、独立記念塔見学】
2.アンコール3大遺跡観光
3.ベンメリア遺跡観光
4.トンレサップ湖クルーズ
5.朝日鑑賞と夕日鑑賞の両方ができる
6.アプサラダンスショーの鑑賞
7.サーカスファーの鑑賞

お薦めのお客様

「ポルポト内戦時代の歴史をしっかりみておきたい!&カンボジアの代表的な場所を観光をしたい!」というお客様向けのツアー内容です。


ツアー詳細

◎2日目午前は、国立博物館でカンボジア全土から集められた歴史的価値の高いクメール芸術の至宝の数々を展示しています。時代によって顔の作りや精巧さが異なりますので、時間をかけてゆっくり鑑賞されるのがお薦めです。トゥール・スレン虐殺博物館では、ポル・ポト政権下での粛清の舞台のひとつとなった(当時は”S21”と呼ばれていました)。現在はポル・ポト派残虐行為を後世に伝える博物館として公開。ユネスコ記憶遺産にも登録しています。キリングフィールドはプノンペンから15kmのチェンエク村にあるクメール・ルージュによる大量虐殺地。8985柱の遺骨を安置した慰霊塔や、写真中心の展示室もあります。

◎3日目午後は古代アンコール王朝最大の建造物アンコールワットへ。西塔門からさらに参道(浮き橋)を進み、神々の住む場所とされる第3回廊までをご覧いただきます。その後、神秘の寺院・タ・プロームへ。ガジュマルの巨木が絡みつく様子は圧巻です!夕方はプレ・ループで夕陽鑑賞です。ジャングルに沈む夕日を眺めます。

◎4日目午前は、森の中に残された巨大寺院、ベンメリアをご覧いただきます。ベンメリアはアンコールワットとの類似点が多いために、「東のアンコールワット」とも呼ばれる遺跡。近郊のアンコール遺跡群ほど修復が進んでおらず、崩れた石が無造作に放置されている光景は発見当時の雰囲気を思わせます。午後はジャヤバルマン7世により建造されたアンコールトムへ。南大門を抜け、アンコールトムの中心寺院・バイヨンやなどをご覧いただきます。 

◎5日目午前は、トンレサップ湖を観光します。カンボジアの中央に位置する東南アジア最大の湖トンレサップ湖は非常に多くの魚が取れる豊かな湖としても有名。この水上集落をボートで巡ります。

日程表

空路移動の首都プノンペン&アンコール遺跡群を巡る浪漫紀行5日間|カンボジア旅行|オークンツアー|現地ツアー|スケジュール

トゥールスレーン、そしてキリングフィールドへ!

トゥールスレーン、そしてキリングフィールド。プノンペンへ来たからにはやはり抑えたいふたつの見学地。重い内容ではありますが避けて通ることのできない歴史です。(続きはブログへ⇒)


演劇仕立ての伝統舞踊ショー@カンボジアンリビングアーツ

いつか訪れたいと切に願っていた伝統舞踊ショーへ。プノンペン国立博物館内に劇場を構えるNGOカンボジアリビングアーツによる演劇仕立てのショーです。見ごたえ200%で鑑賞後もしばらく余韻を感じるほどでした。まさしく"ホンモノ”です。ショーは国立博物館閉館後の夜間に行われています。観客はそのほとんどが欧米人。(続きはブログへ⇒)


3つの遺跡編☆1日で3つの遺跡をめぐる終日観光

研修旅行のアテンドで久しぶりの観光。3つの遺跡をめぐりました。少し早めにホテルを出発して向かった先はタプローム。早朝のタプロームは午後ほど混んでおらず、人が写り込まない遺跡の姿をカメラにおさめることができるかも。(続きはブログへ⇒)


バイヨンのめぐり方を確認すべくレッツラゴー

2020年1月1日から立入禁止となったアンコールトムはバイヨン遺跡の中央祠堂。バイヨンのめぐり方を確認すべくガイドたちとレッツラゴー。中央祠堂へ続く木造の階段は閉鎖。(続きはブログへ⇒)


アンコールワットのサンライズとプレループのサンセット

サンライズと云えば、アンコールワットー!現在、観光客が減っておりますゆえ、さほど混んでいませんが、2月初旬はハイシーズンのピーク!ということで、結構混雑しておりました。(続きはブログへ⇒)


ベンメリア編☆ベストオブナーガを探せ!

2020年元旦より独自のチケットが廃止され、ベンメリア遺跡の見学は、アンコール遺跡入場1日券、3日券、7日券に組み込まれました。つまり、アンコール遺跡入場券を購入すればベンメリアを訪れることができる…ようになりました。(続きはブログへ⇒)


水上集落☆チョンクニアへ行ってきました!

トンレサップ半日観光で訪れるのはシェムリアップの街の中心から約30~40分の水上集落チョンクニア。水上に家屋や店舗やお寺や教会、学校やガソリンスタンドがぷかぷか浮かんでいる…、ここにしかない光景です。(続きはブログへ⇒)



お薦めホテル

【プノンペン】プノンペンエラホテル ★★★★

※ご要望のホテルに変更可能です。ご希望の方はお問い合わせください。

バスタブ付きのお部屋マストの方にオススメしたいプノンペンのスーペリアホテル。お部屋はゆったり広めで40㎡以上。アメニティーも充実しており、部屋も清潔感があって快適に過ごせます。お客様の国籍にあわせてテレビのチャンネルを設定してくれていることにホスピタリティの高さを感じます。

【シェムリアップ】ソマデヴィ アンコール リゾートホテル&スパ ★★★★

※ご要望のホテルに変更可能です。ご希望の方はお問い合わせください。

センターマーケットまで徒歩3分という町の中心に位置しており、どこへ行くにも便利なロケーション。このクラスの中ではコストパフォーマンスが◎。さらに中庭のプールが広く、プール内にはプール・バーが備えられています。その他、設備&アメニティーも充実しており、部屋も清潔感があって快適に過ごせます。


お見積りについて

空路移動の首都プノンペン&アンコール遺跡群を巡る浪漫紀行5日間 カンボジア旅行の当社おすすめコースは、お客様のご要望内容に応じてお見積り致します。

注意事項

【ご注意点】

アンコールワットの第三回廊は、12歳未満のお子様や妊婦の方、男性・女性問わず肌の露出が高い服装のお客様は遺跡へ登ることができません。男性は膝丈のハーフパンツ、Tシャツは問題なく、女性はミニスカートやショートパンツや肩が出ている服装などの肌の露出が激しい服装以外でしたら問題ございません。

 

【その他】

ツアースケジュールは天候、交通状況等により変更、中止になる場合があります。

表示された時間は目安の時間となりますので、時間が余っても、返金等はございません。

また別の場所へ行かれる場合には別途追加料金が発生いたします。

  

【アンコール遺跡入場券(アンコールパス)について】

入場券をお持ちでない方は、当日お客様ご自身で購入していただきますのでガイドへお申し出ください。入場券に必要な写真はその場での撮影となりお客様自身でお写真をお持ちいただいてもご利用になれません。※アンコール遺跡入場券(1日券/US$37、3日券/US$62、7日券/US$72)

*料金は変更になる場合があります。

*12歳未満は不要。パスポート(コピー可)を持参ください。

*日本語ガイドがお手伝いいたします。  

 

【トンレサップ湖クルーズについて】

乗り物酔いをしやすい方は、事前に酔い止めをお飲みください。

  

【キャンセルについて】

キャンセルなさる場合、必ず、ツアー出発日7日前までにご連絡お願い致します。事前連絡がない場合は、キャンセルチャージが100%かかりますのでご注意ください。 

尚、キャンセル日はお客様が弊社へ営業日、営業時間内にご連絡をいただいた日となります。土日、祝日、営業時間外でのご連絡の場合は、休み明けまたは翌日がキャンセル日となります。予めご理解、ご了承ください。

▶このページを印刷したい場合、PDFファイルをダウンロードして印刷ください

ダウンロード
オークンツアー_K5_2都市カンボジア.pdf
PDFファイル 2.6 MB

内戦時代の歴史をしっかりみておきたい&カンボジアの代表的な観光をしたい!