世界遺産プレアヴィヒア

カンボジアに来たのなら、遺跡観光だけではなく、カンボジアの抱える問題を学んでみませんか。このツアーでは、シェムリアップにある地雷博物館をはじめ、大量虐殺が行われた場所、ワット・トメイ寺院 (キリングフィールド)にご案内します。

 

【訪問する施設】

▶PEACE MUSEUM OF  MINE ACTION(CMAC地雷博物館)

▶ワット・トメイ寺院(キリングフィールド)

カンボジアの地雷撤去への日本の貢献度は大変高く、博物館のある界隈では、村人たちはこの建物のことを「日本博物館」と呼んでいるのだそうです。日本がカンボジアの地雷撤去にたくさんの支援をしていることをぜひ多くの日本人に知ってもらいたいです。

 

【CMAC】カンボジア地雷対策センター(CAMBODIAN MINE ACTION CENTER)とは?

CMACは、カンボジアの何千人もの難民を故郷に安全に帰国させるために、1992年に国連のカンボジア暫定機関(UNTAC)で設立されました。カンボジア全土の多数の地雷とUXOが、紛争後の復興と開発の継続に対する重大な脅威であることを認識し、CMACは2000年に自治国家組織となり、地雷認識、地雷現場情報、地雷およびUXOクリアランスを含む一連のプログラムを開発しました。カンボジアの人々の平和と安全への安全な移行を達成するための地雷除去を行っております。

PEACE MUSEUM OF  MINE ACTION(CMAC地雷博物館:シーマック地雷博物館)は、CMACの活動や地雷を撤去することの大切さをを展示している博物館です。


ワット・トメイ寺院(キリングフィールド)

お寺の中に内戦時代に命を落とした方々の慰霊塔があります

内戦時代を学ぶことのできるボードが設置されており、ガイドよりご案内させていただきます

慰霊塔は、無縁仏の供養のためにつくられました


CMAC地雷博物館

CMACの活動や、歴史的に貴重な内戦時代の写真や映像が展示されています

日本にいてはわからない、日本のカンボジアへの支援を知る展示もあります 

地雷の恐ろしさ、地雷を撤去することの大切さを学ぶことができます


CMAC地雷博物館へ

ツアーのご同行でCMAC平和博物館を見学しました。ラッキーなことにマネージャーの方がすべてご案内してくれました。見学する価値がありますし、ぜひ日本人の方に知っていただきたい展示となっています。まずはオタワ条約(地雷問題・対人地雷禁止条約)について知ってから地雷原を再現した展示へと導かれます。地雷原にはポールと看板が立てられている様子を見学しながらマネージャーのお話を伺います。(続きはブログへ⇒)


CMAC地雷博物館∔ワットトマイ(慰霊塔)

カンボジアの歴史学習と云えば、ポルポト時代を知ることのできるS21博物館やキリングフィールド。それらはプノンペンもしくはプノンペン近郊のエリアにありますが、シェムリアップのみのご旅行の場合、弊社ではCMAC地雷博物館とワットトマイをご案内しています。大変貴重な展示もあり、一見の価値アリ。(続きはブログへ⇒)




日程表

カンボジア旅行|オークンツアー|現地ツアー|スケジュール

※午前中に「①ベンメリア遺跡 or ②IKTT訪問 or ③トンレサップ湖クルーズ」とのセットで観光も可能です。(お問い合わせください)

キリングフィールド

【あらすじ】アメリカ人ジャーナリストのシドニー・シャンバーグ(Sydney Schanberg)と、現地の新聞記者であり通訳でもあるディス・プラン(カンボジア人)はカンボジア内戦を取材している。しかし、カンボジア内戦はポル・ポト率いるクメール・ルージュが優勢となり、アメリカ軍が撤退を開始する。この時、シャンバーグはプランの一家をアメリカに亡命させようとするが、プランは仕事への使命感から妻子のみをアメリカに逃がし、自分はカンボジアに残ることを決意する。そして、シャンバーグとプランは取材活動を続けていく。


注意事項

 【スケジュール】

ツアースケジュールは天候、交通状況等により変更、中止になる場合があります。

表示された時間は目安の時間となりますので、時間が余っても、返金等はございません。

また別の場所へ行かれる場合には別途追加料金が発生いたします。

 

【入場料について】

料金は変更になる場合があります。

   

【キャンセルについて】

キャンセルなさる場合、必ず、ツアー出発日7日前までにご連絡お願い致します。事前連絡がない場合は、キャンセルチャージが100%かかりますのでご注意ください。 

尚、キャンセル日はお客様が弊社へ営業日、営業時間内にご連絡をいただいた日となります。土日、祝日、営業時間外でのご連絡の場合は、休み明けまたは翌日がキャンセル日となります。予めご理解、ご了承ください。

▶このページを印刷したい場合、PDFファイルをダウンロードして印刷ください

ダウンロード
オークンツアー_H4_地雷博物館&キリングフィールド_日帰り.pdf
PDFファイル 608.2 KB

地雷博物館&キリングフィールド訪問ツアー