2つの世界遺産アンコールワット&プレアヴィヒア寺院を周遊!

ツアーポイント

1.アンコールワット観光
2.プレアヴィヒア観光
3.トンレサップ湖(コンポンプルック地区)クルーズ

4.IKTTでカンボジアシルクの工房見学&染体験
5.カンボジアの田舎(伝統の森)の村散策
6.アプサラダンスショーの鑑賞

7.サーカスファーの鑑賞
8.地元の人に人気の地鳥の丸焼きを出す「東屋」で食事

9.同じ日本語ガイドが4日間ご案内

お薦めのお客様

「2回目だから、カンボジアのディープな場所を訪問したい!」というお客様向けのツアー内容です。


ツアー詳細

◎2日目午前は古代アンコール王朝最大の建造物アンコールワットへ。西塔門からさらに参道(浮き橋)を進み、神々の住む場所とされる第3回廊までをご覧いただきます。午後は市内から1時間程離れたIKTT(伝統の森)に訪問します。伝統の森で織られている絣の布には、古代の人々の宗教観や美意識がたくさん込められております。最高傑作をつくり出すために人々が最大限の努力をし創造して受け継いできたもの、それが伝統となって現代、この布にも受け継がれています。「新しいものをつくるには古いものを知らないといけない」という意識のもと古の先人たちへの敬意を忘れません。

◎3日目は、シェムリアップから東に270km。ダムレイ山脈の断崖の頂上に建っており、天空の寺院とも呼ばれています。頂上から望む絶景に感動すること間違いなし!クメール語で”聖なる寺院“という意味のプレアヴィヒア、ぜひ訪れていただきたい遺跡のひとつです。遺跡の構造は1~5までの塔門が一直線上に並んでおり、それぞれの塔門を参道がつないでいます。一番奥の第五塔門にシヴァ神のレリーフがあります。 第五塔門の先が大感動の景色が望める断崖です。眼下にはカンボジアの緑の大地が広がり、どこまでも延びる地平線は訪れた人だけが見ることのできる絶景です。辿り着くまでの苦労もすっかり消えてしまうほどの美しさです!カンボジアといえばアンコールワット遺跡群が最も有名ですが、カンボジアに来たからにはぜひ訪れていただきたい。この絶景をご覧になることなくカンボジアを去るのはもったいない!

◎4日目午前は、トンレサップ湖を観光します。過去にトンレサップ湖クルーズをしたことがあっても、今回訪問するコンポンプルック地区は、「超高床式の家屋群」「水上の小学校」「水上のレストラン」「マングローブ林のクルーズ」があり、視覚的なインパクトがあるクルーズです。

日程表

2つの世界遺産アンコールワット&プレアヴィヒア寺院を周遊!|カンボジア旅行|オークンツアー|現地ツアー|スケジュール

アンコールワット編☆見方を変えると見えるものが変わる! 遺跡って奥深い…。

遺跡って奥深い…。私にとっては、もはやアンコールワット他、主要なるアンコール遺跡群は見慣れた建造物なのですが、視点を変えてみるとまだまだ新しい発見があるのだ!ということを現地ベテランガイドのポゥキーが教えてくれました。ポゥキーさんは写真撮影スポットを熟知するベテランガイド。彼と巡る遺跡群、楽しいですよー。何度訪れても、新しい

発見が盛りだくさん。一生に一度なんてもったいない!リピートし、もっと深く遺跡を観てみませんか。(続きはブログへ⇒)


聖地@プレアヴィヒアー!

あっちそっちこっちどっち、そっちー!てなわけでいざプレアヴィヒアへレッツラゴー!乾季が到来し、絶景が拝めます。ポゥキーさんと楽しい観光。約600mからの眺望デス。青い空に白い雲!(続きはブログへ⇒)


聖なる寺院☆プレアヴィヒアへ その①

帰国して、まず綴りたいのは、やはり聖なる寺院プレアヴィヒア遺跡につきまして。アジアのマチュピチュと云われる天空寺院。その絶大なる魅力は…、このファンタスティックなる眺望。(続きはブログへ⇒)


伝統の森IKTT☆すべての村人が関わる本物の布づくり

伝統の森は、100年ものの本物の布をつくるというポリシーのもとに運営されています。村の女性が子どもと一緒に働ける場をつくり、そこで女性らしい優しくも美しい布が織られています。1枚の布をつくるのにすべての村人たちが関わっているんです…というみどりさんの言葉、心に響きました。(続きはブログへ⇒)


染めくくり体験

事前予約をすれば染めくくり体験をすることができます。不器用な私でも達人の村人たちが手伝ってくださるので大丈夫!まずはとても丁寧なくくり方の説明を受けます。デザインを自分で考える…のですが、サンプルがあるので有難し。(続きはブログへ⇒)


コンポンプルック水上集落☆マングローブの中へ

コンポンプルック水上集落の魅力第2弾!水の暮らしを垣間見られるとともにマングローブの生い茂る大自然を体感してほしい。ゆらゆらと揺れる水面。小船に乗って見上げる世界。日常の喧騒から解き放たれた癒しの空間。(続きはブログへ⇒)


伝統を創るクメールダンスディナーショー☆ポークイジン

弊社ではご夫婦や少人数グループの方におすすめしているアプサラダンスを鑑賞しながらお食事できるレストランです。ポークイジンのいちおしポイントは、踊りお料理ともにメリハリのある構成となっていること。(続きはブログへ⇒)


カンボジアのハニーチキン!

貯水池ウェストバライ近くでカンボジア地鶏が味わえると聞きつけ、友人とともにレッツラゴー。はちみつをぬって照りを出した地鶏焼き。なまら美味しいー!久しぶりに声に出してしまいました笑。(続きはブログへ⇒)


水上レストランで淡水魚を味わう

さて、お待ちかねのランチ。水上に浮かぶレストランでカンボジアのローカル料理を注文。雷魚焼き、海老のかき揚げ、鶏肉とライムのスープ初めて食す雷魚の味はいかに!?意外に美味しい…。カンボジアのお料理は日本人の口に合うんです。(続きはブログへ⇒)



お薦めホテル

ロイヤルクラウンホテル&スパ ★★★☆☆

※ご要望のホテルに変更可能です。ご希望の方はお問い合わせください。

お薦めPOINT①お土産・料理店も多いオールドマーケットへ徒歩5分の立地です。

お薦めPOINT②朝食ビュッフェの種類が豊富で大好評です。

お薦めPOINT③屋外プールとマッサージSPAが併設されています。


お見積りについて

2つの世界遺産アンコールワット&プレアヴィヒア寺院を周遊! カンボジア旅行の当社おすすめコースは、お客様のご要望内容に応じてお見積り致します。

注意事項

【ご注意点】

アンコールワットの第三回廊は、12歳未満のお子様や妊婦の方、男性・女性問わず肌の露出が高い服装のお客様は遺跡へ登ることができません。男性は膝丈のハーフパンツ、Tシャツは問題なく、女性はミニスカートやショートパンツや肩が出ている服装などの肌の露出が激しい服装以外でしたら問題ございません。

 

【その他】

ツアースケジュールは天候、交通状況等により変更、中止になる場合があります。

表示された時間は目安の時間となりますので、時間が余っても、返金等はございません。

また別の場所へ行かれる場合には別途追加料金が発生いたします。

  

【アンコール遺跡入場券(アンコールパス)について】

入場券をお持ちでない方は、当日お客様ご自身で購入していただきますのでガイドへお申し出ください。入場券に必要な写真はその場での撮影となりお客様自身でお写真をお持ちいただいてもご利用になれません。※アンコール遺跡入場券(1日券/US$37、3日券/US$62、7日券/US$72)

*料金は変更になる場合があります。

*12歳未満は不要。パスポート(コピー可)を持参ください。

*日本語ガイドがお手伝いいたします。  

 

【プレアヴィヒ入場券について】

入場券並びに車両利用料を、当日お客様ご自身で購入していただきます。※プレアヴィヒア入場券(US$10)※山麓からプレアヴィヒア寺院までの4WD車の利用料$25~/1台 

*料金は変更になる場合があります。

*12歳未満は不要。パスポート(コピー可)を持参ください。

*日本語ガイドがお手伝いいたします。

 

【トンレサップ湖クルーズについて】

乗り物酔いをしやすい方は、事前に酔い止めをお飲みください。

 

【日本語ガイドについて】

GW、年末年始等の繁忙期の一部日程については、スルーガイド(ツアー中同じ日本語ガイド)のご案内ができない場合がございます。

  

【キャンセルについて】

キャンセルなさる場合、必ず、ツアー出発日7日前までにご連絡お願い致します。事前連絡がない場合は、キャンセルチャージが100%かかりますのでご注意ください。 

尚、キャンセル日はお客様が弊社へ営業日、営業時間内にご連絡をいただいた日となります。土日、祝日、営業時間外でのご連絡の場合は、休み明けまたは翌日がキャンセル日となります。予めご理解、ご了承ください。

▶このページを印刷したい場合、PDFファイルをダウンロードして印刷ください

ダウンロード
オークンツアー_K2_カンボジア旅行は2回目!.pdf
PDFファイル 2.5 MB

2回目だから、カンボジアのディープな場所を訪問したい!